私がPCインストラクターになるまでの道のり!学生時代に取得した資格も紹介します!

先生 PC


こんにちは!Ranです!

今回は、私がパソコンインストラクターになるまでの道のりと、学生時代に取得した資格を紹介します!

私がPCインストラクターになるまでの道のり

道のり

まず最初に、私がPCインストラクターになるまでの道のりを紹介します!

パソコンが好きになった学生時代

私は、地元の中学校を卒業後、商業高校へ入学しました。

早く働いて自立したいと思っていたので、高校を卒業してすぐ就職を選べて、在学中に大学や、専門へ進学したくなったらその道も選べるよう商業高校を選びました。

1年生の授業からパソコンを扱う情報処理の授業があり、タイピングとビジネス文書を学びました。

タイピングも遅かったのでパソコンに苦手意識を持っていましたが、嫌いではないなと気づきました。

2年生と3年生の選択授業では、積極的にパソコンの授業を選びました。

Excelやプログラミングを勉強し、資格にも挑戦しているうちにパソコンでの作業を楽しく感じていました。

「パソコンできる人かっこいいじゃん」と思っていたぐらいです。笑

高校卒業後、就職

桜

商業高校で様々な資格を取得し、卒業後サービス業に就職。

もともと接客は好きだったので、やりがいも感じていました。

接客しながらパソコンも使うので、タイピングなど学生時代に学んだことをいかすこともできましたが、なにか物足りなく感じていました。

PCインストラクターへ

向上心が高かったため、もっと自分をスキルアップさせたいと思い転職を決意。

PCインストラクターの求人を見つけ、PC作業好きだということもあり今に至ります。

『誰かに教える』ということも苦手だったため、改善させたいと思っていたのと、パソコンの楽しさをもっと広めたいと思っていたので、PCインストラクターを選んでよかったと思っています。

学生時代に取得した資格

勉強

次に学生時代に取得した資格を紹介します。

資格といっても、偏差値がそれほど高くない高校だったので、授業の一環で取得したものが主です。

パソコン教室に通いながらMOS資格取得を目指している高校生たちもいますが、私は学生時代MOSなんて知りませんでした。笑

ビジネス文書実務検定

これには、ビジネス文書部門と速度部門があります。

・ビジネス文書部門

これは、ビジネスにおいての手紙やお知らせのようなものですね。
相手先の企業名はどこに配置するかなどを学びました。


・速度部門

タイピングの速度の試験です。
決められた文章を時間内で速く正確に入力します。

情報処理検定

勉強

これには、ビジネス情報部門とプログラミング部門があります。


・ビジネス情報部門

主にExcelの試験です。
校内の合格者が少ない中、合格していて嬉しかったのを覚えています。


・プログラミング部門

プログラミングの基礎ですね。
授業が難しく、先生の説明が全然わからなくて焦りました。笑
試験前になんとか理解し、合格した時は驚きました。



商業高校なので、簿記系などほかの資格も取得しましたが、記憶の限り学生時代に取得したPC関連の資格は以上です。


今になって思うと、この資格は認知度も低く、そんなに難しくないように感じますが、当時は必死で勉強していました。

この資格を取得したからこそ、MOSの勉強も基礎から始めなくて済み、就職後も自分の力となってくれています。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

私のインストラクターになるまでの道のりと、学生時代に取得した資格を紹介しました。

PCインストラクターを目指している人の、参考になれば嬉しいです!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました