Excelの相対参照と絶対参照の違いと使い方を初心者にもわかりやすく解説!

PC


こんにちは!Ranです!

Excelのレッスンを受けている生徒さんから、『参照』についての質問をよく受けます。

学生さんや主婦さん、様々なレッスンをこなしていた生徒さんも、「参照の違いがわからない」「なんで絶対参照が必要なのか」と疑問に感じています。

実際に質問を受けたときは、言葉で説明するのが難しく、それだけで理解してくれる生徒さんもいればそうでない生徒さんもいます。

そこで今回は、Excelの『参照』について、わかりやすいよう図を用いてご説明します!

『参照』とは


『参照』とは、簡単に言えばデータの抽出のことです。

参照でデータを抽出することで、参照元のデータが変わった際に、参照先のデータも自動的に切り替えてくれるので、とても便利な機能ですね。


その参照の種類に「相対参照」「絶対参照」があります。

その違いについて説明します。

「相対参照」と「絶対参照」の違い

相対参照

相対参照は、主に参照元のデータをずらすときに使います。


たとえば、下図のように「価格×個数」で合計を求めたいとき、

  相対参照

D3のセルに式を入力して、D5までコピーします。

すると、「B列×C列」という式がそのままずれていき、自動的に合計を求めてくれます。


このように同じ式をコピーしたいときに使うと便利ですね。

絶対参照

では、絶対参照はどのようなときに使うのでしょうか。


絶対参照は、参照元のデータを固定したいときに使います。


実際に例を見てみましょう。

下図では「商品の価格に対する消費税」がいくらなのかを求めています。

絶対参照1

C3のセルに「価格×消費税率」の式を入力し、相対参照の時のようにC5までコピーしました。


しかし、見てわかるように正しい数値が求められていません。

相対参照のようにそのままコピーすると、B列はB4、B5とずれていくのは良いですが、C列もずれていきます。


そのため、エラーが出てしまったり、誤った数値が出てきてしまうのです。


消費税率であるC1「10%」を固定させるために、絶対参照を使います。

絶対参照の使い方

では実際に絶対参照の使い方について説明していきます。


先ほどの図のC3のセルに「B3×C1」と入力したタイミングで「F4キー」を押します。

すると、下図のようにCの前と1の前それぞれに、$マークがついてるのがわかると思います。

絶対参照2

C3をC5までコピーすると正しい数値が求められました。


このように、「F4キー」で$マークがつくと絶対参照ができています。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

実際にMOS試験対策で勉強されてる生徒さんも、相対参照と絶対参照の違いで苦戦しています。

しかし、慣れてくれば「ずらすべきなのか、固定させるべきなのか」と正しい判断ができるようになってきます。

違いがすぐに理解できなくても、落ち着いて考えていけば少しづつ理解できていくので不安な方は安心してくださいね!

先日も相対参照と絶対参照の違いを、生徒さんと実際に一緒に操作しながら説明したところ、違いを分かってもらえてうれしかったです(^^♪

皆さんも是非、相対参照と絶対参照を活用してみてくださいね!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました