タイピングとショートカットキーを使いこなせればパソコン初心者でも上級者に見える!?

タイピング PC


こんにちは!Ranです!

皆さんがパソコン初心者の頃、パソコンを使いこなしている人を見て、「かっこいいなー」と感じたことはありませんか?

私はあります!

職場の先輩が文章を素早く入力し、処理している姿を見て、私もこんな風になりたいと憧れました。

その姿を見たときは、「この処理はこうするんだよ」と怒られていた時だったのですが、処理の速さに見惚れて半分ぐらいしか話が入ってきませんでした。笑


そこで今回は、これだけでも身につけておけば『パソコンができる人に見える』ものを紹介していきたいと思います!

タッチタイピング

タッチタイピングとは、キーボードを見ずに文字を入力することです。

以前はブラインドタッチと呼ばれていました。


パソコンはキーボードで文字を入力するのが基本です。

ですので、タッチタイピングができるようになれば、かっこよく見えるだけでなく作業も早く処理することができます。


とはいえ、すぐにタッチタイピングを習得できる人はなかなかいません


私がいるパソコン教室の生徒さんでも、タイピングが速くなりたいとレッスンを受けている方が何名かいらっしゃいますが、皆さん苦戦しています。


私も学生時代はタイピングが遅く、学校でも家でも練習していました。

情報処理の授業で、毎回授業開始してから10分間はみんなで一斉に早くタイピングをできるように練習する時間でした。

皆同じ提示されている文章を入力するので、タイピングが遅い私は皆が入力終了して静まり返っている中、タイピングをするのは恥ずかしかったです…


姿勢を気にしてみたり、椅子の高さを調整して腕が動きやすいようにしたりなど、色々試してみたりしました。


ですが、いちばんは慣れです。

もちろん姿勢なども大事ですが、練習を重ねることによって、必ずスピードも速く、確実に、キーボードを見ずに入力することができるようになります。


学生時代もタイピングの練習をしていましたが、就職して毎日文字を入力していたので、私はそこからタイピングが上達していきました。

生徒さんも「これは慣れですね」と覚悟を決めていましたよ(*^-^*)


ショートカットキー

続いて、ショートカットキーについてご紹介していきます。

ショートカットキーとは、マウスで行う処理をキーボードの組み合わせで素早く処理することです。

マウスを使うよりも早さが全然違うので、これも覚えておけばかっこよく見えて作業も効率よく進めることができます

具体的にどんなショートカットキーがあるか見ていきましょう。

すべての項目を選択する Ctrl + A
複数の項目を選択する Shift + ↑→↓←
選択した項目を切り取る Ctrl + X
選択した項目をコピーする Ctrl + C
切り取り・コピーした項目を貼り付ける Ctrl + V
ファイルを保存する Ctrl + S
ファイルを開く Ctrl + O
ファイルを印刷する Ctrl + P
現在の作業を停止する、
または終了する
Esc
スクリーンショットを
撮影して保存する
Windows + PrintScreen


基本的なショートカットキーをご紹介しました。

この他にも様々なショートカットキーがあるので、気になった方は調べてみてくださいね。

種類がたくさんあって、私が知らないショートカットキーもありました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

タッチタイピングもショートカットキーも、どちらも身につければ作業効率も上がります。


インストラクターの私でも、生徒さんや後輩が使いこなしているのを見ると、いまだに「かっこいい~」と心の中で思ってしまいます(笑)

皆さんも是非活用してどや顔してくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました