Wordの基礎知識|Excelとどっちが簡単なのか?

キーボード PC

こんにちは!Ranです!

「パソコン」というと、Excel(エクセル)Word(ワード)という単語をよく耳にすると思います。

「就職・転職のために資格を取りたい」

「職場でExcel・Wordを使う環境になった」

実際に私がいるパソコン教室では、上記のような理由から入会される生徒さんがたくさんいます。

では実際にExcelやWordとはどういったものなのか、今回はWordについてご紹介していきたいと思います!


Wordとは?


Wordとは、マイクロソフト社が開発販売している文書作成ソフトです。

似たものとしてはGoogle社のグーグルドライブがありますね。

Wordは文字の入力に特化しており、文書を作成するために使われています。


Wordでできること


具体的に何ができるのか見ていきましょう。

・文書作成

Wordは計算が発生しない文書を作るソフトなので、数百ページの長文の文書を作ることが可能です。

・画像や図形の挿入

挿入した画像をトリミングして、切り取ることもできます。
また、図形を組み合わせて、簡単な地図を作成することも可能です。

・文章校正機能

誤字脱字表現のおかしい日本語を、赤線や緑線などで分かりやすく教えてくれます。


代表的な機能をご紹介しました。

どういう時に使うのか

ではWordはどういう時に使われるのでしょうか。


・ビジネス文書
契約書や報告書、マニュアルなどによく用いられます。


・チラシ・ご案内など
地図などを入れたチラシや、画像を入れた招待状などにも使われています。


他にも年賀状の宛名印刷をWordで行っている生徒さんもいました!


ExcelとWord、どっちが簡単なのか


Wordで出来ることと、どういう時に使われるのかをご紹介しました。

そして、前回の記事にはExcelの基礎知識をまとめています。


では、ExcelとWord、どちらが簡単なのでしょうか。

人それぞれだとは思いますが、初心者にはWordのほうが簡単だと私は思います。


私がいるパソコン教室の生徒さんもWordは順調にレッスンが進んでいても、Excelに入ると頭を抱えている姿をよく目にします。

Excelは数学など計算が好きな方には向いてるかもしれませんね。


根拠はありませんが、国語が好きだった人はWord算数が好きだった人はExcelが得意という印象があります。


ですが、Wordの技術を身に着けていれば、powerpointのレッスンに入ったとき同じような機能を使うのでスムーズにpowerpointの技術が身につきますよ。

Word受講後、powerpointを受講した生徒さんも「Wordと似ているから簡単に感じる」と仰っていました。


まとめ

いかがでしたでしょうか。


Wordは文書作成するのに便利な機能ですが、身につけていれば年賀状やカレンダーを作ったりなど、幅広く使うことができます。


皆さんも是非Wordを活用してみてくださいね!


コメント

タイトルとURLをコピーしました